046-207-8304

【営業時間】 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリーで病気は治る

発達障害はレクチンフリーで大幅に改善します!パート1

発達障害は、レクチンフリー食事療法で大幅に改善されますJasmine

発達障害の原因は、細胞間のコミュニケーションや情報伝達が阻害され、スムーズに行われていないことが大きな原因の一つです。特に脳細胞間の連絡がスムーズに行われないことにより、様々な弊害が起こります。人によって症状は色々異なりますが、情報の伝達が上手く行われると、症状の大幅な改善が期待されます。

細胞の周りには糖鎖という物質で覆われていて、その糖鎖を通じて細胞間の連絡が行われます。その糖鎖の先端についているのがアセチルノイラミン酸(シアル酸)という物質です。このアセチルノイラミン酸は触手の様に様々な物質と結合して、情報をとり入れ、コミュニケーションを行っています。必要な情報を取り入れれば問題ないのですが、その性質を利用して、体内で悪さをするやつらがいるんです。このアセチルノイラミン酸にくっついて、悪事を働きます。インフルエンザウィルスなどもくっついて細胞を弱らせようとしますが、レクチンもくっついて、細胞の連絡を混乱させたり、誤った情報を送ったりするんです。それにより、様々な弊害がおこります。本当にレクチンは悪い奴なんです。さて、このレクチンはどこからくるでしょう?ずばり、答えは、食べ物の中からです。だから、食事からレクチンを除去しなくてはいけないのです。

一旦脳に入ったレクチンは容易には外に出てきません。なにせ、頭は頭蓋骨で守られていますし、血液脳関門という関所のようなところで管理されているからです。この脳にレクチンが入った状態をリーキーブレイン(脳漏れ)といいます。怖いですねー(-_-;)

発達障害は早期に食事療法を始めれば、かなりの改善が期待できます。また脳に入ってしまったレクチンもクラニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)で、体外に排出することもできます。

発達障害は、本人も周りの人も大変ですよね。改善させて、ぜひ人生を取り戻してください。

 

レクチンフリー食事療法で治る病気