046-207-8304

【営業時間】 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリーで病気は治る

脳溢血になりたくなかったら・・・

昨日まで元気だった人が脳溢血で倒れて、帰らぬ人となる・・・
そんな現実がよく起こっています。
まだ50代60代の元気に活動していた人が突然倒れてしまうという恐怖は、倒れた本人は意識がなくなってしまえば何が起こっているかわかっていないかもしれませんが、周囲の人は、つい最近まで元気で普通に生活していたのに、ある日突然もう話すこともできない、笑いあう事も出来ない・・・そんな突然の変化に底知れぬ恐怖を感じてしまいます。

脳というのは、どんどん悪くなっていっても自覚症状があまりないので、深刻な病気になるまで気が付きにくいという点があります。
しかし、もし、頭痛持ちだったり、頭がぼんやりしたり、眠りが浅かったり、ネガティブに考えがちだったり、物忘れがひどかったり、めまいがしたり、目や耳が悪いなどの症状があれば、脳が確実に劣化している証拠です。
脳が劣化している状態というのは、脳に毒素が溜まり、脳が正常に機能しなくなっている状態です。
脳に溜まった毒素は、様々な悪さをします。
その一つに血管を詰まらせてしまうということがあります。
この毒素の脳溢血を引き起こす毒素の正体は、レクチン毒素です。
レクチン毒素は日々の食事から摂取され、長い年月をかけて脳にどんどん蓄積していきます。
そして、ある日突然風船が破裂するように血管が爆発してしまうのです。
脳溢血になりたくなければ、レクチン毒素を日々の食生活からなるべく摂取しないようにすることが大切です。