046-207-8304

【営業時間】 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリーで病気は治る

繰り返す胃腸炎

私は、胃腸が弱くて、胃腸薬が手放せない・・・
すぐに胃や腸が痛くなる・・・
健康には気を付けているのに、どうして胃腸炎になるのだろう?
体質だから仕方がないか・・・

胃腸炎を繰り返す方は、食べ物が原因です。
胃や腸に負担をかける食べ物を摂取し続けると慢性的な胃腸炎になるか、すぐに胃腸炎になりやすい体質になります。
胃腸炎を繰り返すからと言って、薬を飲んでも何の解決策にもなりません。

何故胃腸炎になるのかというと、胃や腸が炎症を起こし悲鳴を上げているからです。
胃や腸が悲鳴をあげて、「炎症を起こすこんな食べ物食べるのやめてくれ!」と叫んでいるのです。
ですから、胃や腸に負担をかけない食べ物を食べれば、胃腸炎は治ります。

胃腸炎をおこしやすい方は、レクチン不耐の体質の方です。
レクチンが含まれているものを食べ続けていると胃腸炎になりやすくなります。
若い時は大丈夫だったのに、中年になって胃腸炎になりやすくなった方は、レクチンが体に蓄積されていて、ちょっとしたウィルスなどが体内に入り込んだだけでも、深刻な胃腸炎になることがあります。
ですから、胃腸炎はレクチンフリーですっきり解消します。
胃や腸に炎症を起こさせている原因はレクチンなので、レクチン含有の食品や薬剤を取り除けば、問題解決です。

胃腸炎の原因になっているものは、意外と日頃、日常的に食べているものだったりします。
その食品が好きだから、毎日食べ続けているから大丈夫と思って食べていたりするものです。
レクチンが含まれている食品は色々ありますが、雑穀、豆類などが原因となっていることは多いです。
その方の日常食べているものを伺えば、胃腸炎の原因は分かります。

ですが、胃腸炎というのは、明らかにレクチンの影響をうけた胃腸が弱って悲鳴を上げている状態なので、レクチンを含む食品全般を摂取しないことが一番です。
レクチンフリーで胃腸炎だけではなく、深刻な疾患、病気も治ります。

劇的に病気が治癒する「レクチンフリー食事療法」と、体内からレクチン毒素を排出するための「レクチンフリーからだセラピー」の専門院「あたま&からだ治癒院 Jasmine」