046-207-8304

【営業時間】 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリーで病気は治る

病気が治るレクチンフリーを理解する

今日は、病気がどんどん治るレクチンフリーとはなんぞや?という素朴な疑問について書きたいと思います。
レクチンフリ―の基本概念は、レクチンという毒素が存在していて、レクチン毒素が体内に入り、体内に蓄積されると体に炎症を起こし、病気になるというものです。
レクチン毒素が病気の原因となり、様々な病気がレクチン毒素が原因で発症、悪化しているという考え方です。
ですから、レクチン毒素を体内に入れないこと、そしてレクチン毒素を排出することによって病気が治るという考え方なのです。
従来の病気を治すという考え方、病気を克服するということではなく、病気となった原因そのものを取り除いて、病気になる前の体に戻すということです。
これがレクチンフリーの基本的な考え方です。

さて、レクチン毒素は様々な食品や薬剤に含まれています。
いつも食べている食材の中にも大量に含まれていることがあるので、ちょっとびっくりするかもしれません。
一番多く含まれているものは、植物の種子類です。
種子は動物や昆虫などの捕食者には食べられたくないので、毒素を蓄えているのです。
このレクチン毒素ですが、様々な種類があり、様々な悪影響を体に及ぼします。
また、体に入ってからのレクチン毒素の細胞への攻撃の仕方は、様々な方法があります。
レクチンの働きは複雑なので、そう簡単に説明できるものではありませんが、私のブログの中で分かりやすくご説明しています。

初めてレクチンフリ―のことをお話すると、みなさんビックリされます。
そんな話が信じられるか!という頑固な人もいるかもしれません。
でも、試してみてください。
病気がどんどん治ります。
治療困難な病気や、難病、精神疾患まで治ります。

注意しなければいけないのは、好転反応が起こることについてです。
好転反応については、ブログでたくさん説明していますので、ご参考ください。

レクチンフリーの概念は、ドクターガンドリーの著書「食のパラドックス」を読むと詳しく書かれていますが、日本人がこの書籍通り行うのは少し難しいのと、好転反応の対応についてはほとんど書かれていませんので、当院で対応させていただきます。
日本人の体質、生活習慣、日本の食材を使ったレクチンフリー食事療法と患者様の症状に合わせた栄養管理、そしてレクチン毒素を体から排出するレクチンフリーセラピーを実施しています。
レクチン毒素が体内からなくなれば、病気は治るのです。
病気で苦しんでいる患者様を奇跡のように健康な体に戻すことができる「レクチンフリー」です。

当院は、劇的に病気が治癒する「レクチンフリー食事療法」と、体内からレクチン毒素を排出するための「レクチンフリーからだセラピー」の専門院です。初回相談無料です。