046-207-8304

【営業時間】 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリーで病気は治る

甲状腺機能低下症の治癒

甲状腺は甲状腺ホルモンをつくり、自律神経の働きを調節したり、脳の機能を正常に保ったり、心臓や内臓の働きを調節するとても大切な器官です。
人間の臓器の要の一端をつかさどっているといってもいい器官です。
とても大切な器官であるがゆえに、レクチンの攻撃を受けやすい器官でもあります。
甲状腺を攻撃すれば、からだ全体を攻撃することができるので、レクチンに狙われます。
甲状腺の機能を狂わせてしまえば、人間を弱らせることができるからです。

甲状腺機能低下の症状というと、慢性疲労、冷え性、乾燥肌、声がれ、便秘、むくみ、体重増加、不眠、手足の震え、脳の機能低下、精神不安定など様々なの症状が起こります。
そして、原因がよくわかりません。
原因が良く分からないというのは、病気の説明で聞き飽きる言葉ですが、医者は知らなくても、原因はレクチンです
原因不明と言われたら、レクチンが原因です。

レクチンが病気の原因という認識が医者には全くないので、レクチンの存在に気が付かないのです。
原因が分からないので、とりあえず対処療法で、抗生剤などを使用するのかもしれませんが、全く根本治療になっていません。
甲状腺機能低下はレクチンが原因なので、レクチンを取り除けば治りますが、レクチンを取り除くのに、手術や薬はいらないので、医者と病院は不要です。
そうなると、医者や病院の立場がなくなり、存在意義もなくなるので、レクチンが原因と認めないでしょう。
しかし、甲状腺機能低下の原因はレクチンです。

レクチンが原因の甲状腺機能低下ですが、甲状腺機能低下ということさえも医者が分からないと、患者さんは精神病、頭がおかしい、怠けもの、肥満、気にしすぎなどとひどい言われようをします。
本人は苦しく、もがいているのにそんなことは全く無視されて、ひどい扱いをされます。
そして、害悪でしかない見当違いな薬を処方されるのです。

でも、あなたの体は悲鳴を上げて、炎症を起こしています。
だから、苦しいのです。

レクチンフリーで甲状腺機能低下は治ります。
原因がはっきりとわからないという病気はほぼレクチンが原因です。
レクチンフリーで全てが解決します。

劇的に病気が治癒する「レクチンフリー食事療法」と、体内からレクチン毒素を排出するための「レクチンフリーからだセラピー」の専門院「あたま&からだ治癒院 Jasmine」