046-207-8304

【営業時間】 月・水・木・金・土 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリー食事療法で、病気は治る

慢性疲労はつらいよ

慢性疲労というのは、特に病気でもないので、ただの怠け者と思われてしまうところが辛いところです。
どんなに自分がしんどいのか、どれだけ動くのにすごい労力を使うのかということを、伝えられないもどかしかもストレスを感じるところです。
周りの人には、休みばっかりとる人、すぐ椅子に座ったり横になったりする人、怠け癖がある人、のようにしか思ってもらえません。
しかも、病名が本当にひどい症状の「慢性疲労症候群」のようにならないとつけてもらえないのも悲しいところです。
病院にいって、医者に訴えたとしても、「こいつはどこも悪くないのにしんどいなんて、頭がおかしい。とりあえず精神安定剤でもだしとこう」くらいにしか認識してもらえません。

でも、私はわかります。
どんなに慢性疲労が辛いのか。
動くことは勿論、椅子にまっすぐ座っているだけでも、言葉を一言発するのでさえも、時には息をするのでさえも、しんどく感じる。
重力がこんなに重いものなんて・・・まるで足に磁石をつけて歩いているように、重い。重い。重い。
軽々と運動している人というのは、果たして自分と同じ人間なのだろうか???信じられない。
どうして、こんな重い体を引きずって、毎日生きなければいけないのだろう・・・

まさに、私もこんな感じでした。
しかも、原因がわからないところが、さらに追い打ちをかけて辛いのです。

慢性疲労の原因は、体内に溜まった毒素です。
毒素が体中に溜まっていて、小さな炎症を体中で起こしています。
免疫細胞は、全身全霊でこのからだ中に起こった炎症の火消しをしています。
そちらに全労力を費やしてしまっているので、他のことに使えるエネルギーなんか残っていないのです。
自分のからだを触ってみてください。
うっ血して、とても固くなっていませんか?
油粘土みたいに、ずっしりと固くなっていませんか?
健康の人の体といのは、とてもフワフワで柔らかく骨まで指がスーッと入っていきます。
自分の体が一つの肉の塊のようにしか感じられない、骨や内臓がどこにあるのかさえ自分で分からない、という人は体中炎症が起こっています。

さて、慢性疲労の原因は、明らかに食べ物です。
食べ物が原因で、体中に小さな炎症が起こり、慢性疲労になります。
ですから、食事さえ見直せば慢性疲労は簡単に治ります。
原因不明の、慢性疲労や難病と言われる原因不明の痛みで苦しんでいるひとは、是非レクチンフリー食事療法をためしてみてください。
1年ほどで、すっきり症状が治ります。
もし、治療法がないと思っていて、痛み止めなどの薬に頼って絶望的に生きているのなら、絶対試してみてください。
見違えるほど軽いからだに生まれ変わります。

当院は、様々な病気が治癒するレクチンフリー食事療法専門の治癒院です。
食事療法の導入、経過観察、好転反応のケア、スムーズに行うためのデトックスのセラピーを行っております。
現在、無料相談、癒しのからだセラピーを無料ご提供中です。
この無料の機会をご利用ください。