046-207-8304

【営業時間】 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリーで病気は治る

好転反応ーむくみ・頻尿・尿漏れ

好転反応の見分け方は、レクチンフリーを3か月以上実行していて体に不調が出る場合、好転反応である可能性が大きいです。
レクチンフリーをしていないのに、体調が悪いのは、レクチン毒素の影響によるものです。

好転反応が頻尿や尿漏れとして起こってくる場合があります。
これは、デトックスにより排出されたレクチン毒素などのたんぱく質が腎臓に入り、腎臓で詰まってしまう場合は、尿の量が減って、むくみがでます。
また、膀胱の壁面に大量に溜まってしまったり、尿管に詰まると頻尿や尿漏れを起こすことがあります。
これは、排出しようとするたんぱく質のゴミ、老廃物が多すぎて、腎臓や膀胱に負担がかかりすぎている症状です。
痛みなどはあまりありませんが、トイレが近くなったりするので、ちょっと大変ですね。
こういった症状はずっと続くというよりも、体からたんぱく質のゴミを押し出そうとしている時に起きるので、一時的に良くなってもまたしばらくすると起こってくるということを繰り返す場合があります。
尿の量が減ってしまうのは良くないので、緩和をしなければいけません。
尿の量が正常で頻尿になってしまっている場合は、トイレの回数が大変なだけなので、あまり気にしなくても良いと思います。
好転反応はサプリや漢方薬、当院のからだセラピーで緩和することができます。