046-207-8304

【営業時間】 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリーで病気は治る

不眠の原因

不眠という場合、寝つきが悪い、夜中に目が覚めて眠れなくなってしまう、もうちょっと寝たいのに、朝早く起きてしまう、そんな症状があるのではないでしょうか。
あまりにも眠れない場合睡眠導入剤などを使用している方もいるかもしれません。
しかし、薬剤を利用した睡眠導入剤は、どうしても眠れない場合には必要かもしれませんが、基本的に脳の質をさらに落とすことになり、薬剤がないと眠れない中毒状態を引き起こす可能性があります。

なぜ眠れない、不眠症になるのでしょう?
それは、脳がリラックスできてないからです。
なぜ脳がリラックスできないのでしょう?
それは、脳が毒素やウィルスなどの悪者と戦うために戦闘態勢に入っているからです。

インフルエンザやひどい風邪の引き始めに眠れなくなることはありませんか?
熱が上がっている時などは、グーグーぐっすり眠れないはずです。
毒素やウィルスが身体や脳に入ると免疫細胞が戦闘態勢に入ります。
免疫細胞は激しく活性化して戦っているので、脳が興奮して眠れなくなるのです。
体や脳に毒素やウィルスがない状態であれば、脳はゆったりリラックスして、「仕事ないよねー」と思いながら、何の心配もなくよく眠ることができます。
裏返して言えば、眠れなくなっている状態というのは、脳に毒やウィルスが入っている状態なのです。
歳をとって眠れなくなってくるのは、毒素が蓄積されて絶えず毒素に脳が侵されている状態になっているのです。
発達障害で、眠りが浅い、睡眠時間が短い方がいますが、生まれた時から脳に毒素が溜まっていて、不眠の症状がでているのです。