046-207-8304

【営業時間】 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリーで病気は治る

一番欲しいものは何ですか?健康ですか?

子どもの頃、一番欲しかった物は何ですか?

突然そうきかれたら、すぐに答えられるでしょうか?

ゲームが欲しかった。
まんが本が欲しかった。
時計が欲しかった。
など、答えがすぐに出てくる人は幸せですね。
私は、子どもの頃欲しかったものを聞かれて、言葉が詰まりました。

普通の子供で、普通の家庭で、特別なこともないけど、不自由なこともなかった私ですが、
子どもの頃欲しかったものなんて、何もなかったのです。

子ども時代を思い出すと、
からだがしんどくて、辛くて、重くて、悲しかったこと、そのからだの感覚が思い出されました。
鉛のように重くて働かなくて、すぐに疲れるあたまのことが思い出されました。

子どもの頃、一番欲しかったもの、それは・・・
しんどくない体、重くない体、疲れるあたまから解放されること。

そう思うと、涙があふれてきました。
私が、子どもの頃一番欲しかったのは、健康な体だったのです。

子どもの頃を思い出すと、あの重くてしんどい体の感覚が蘇ってきます。
それが、20代になると更にひどくなり、考えることはいつも、
別人になりたい。
軽い体になりたい。
健康に生きたい。
そう願ってばかりいました。

今は、もう自分の身体がボロボロだった頃のことを思い出せないほど、軽くて健康な身体になりましたが、
それも、4度も手術して辛い痛い目に遭って初めて、死に向かうデスロードから、ようやく反対方向に歩き始めることができたからです。
普通に病院に行くことや、薬を飲むことが、良い正しい方法ではないと気付いたからです。

そこまで痛い苦しい思いをしなければ、気付かなかった。
自分の考え方の方向転換ができなかった。

人生の楽しいことなんか味わえずに、死にまっしぐら向かう道から引き返してこられたのは、
どうしても健康になって、生きる喜びを、まだ体験していない未知の軽い体を是が非でも手に入れたいという、必死の思いがそうさせたのだと思います。

私は、子どもの頃一番欲しかったものを、レクチンフリーライフで手に入れました。

病気で苦しむ皆さん、
病気で苦しむなんて無駄です。
レクチンフリーライフで病気が消え去ってゆきます。
何故なら病気の原因はレクチンだからです。

あたま&からだ治癒院 Jasmine は、レクチンフリー食事療法専門の治癒院です。
あなたの命を救う自信があります。