046-207-8304

【営業時間】 月・水・木・金・土 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリー食事療法で、病気は治る

ヨーグルトは体に良いのか?

ヨーグルトは体に良いのか?悪いのか?

ヨーグルトが体に悪いと思っている人っていますか?
恐らく、発酵食品であるヨーグルトやチーズは体に良い!と、例えば発芽玄米が体に良い!というのと同じように信じているのではないのでしょうか?

今や、腸活!とかいって、乳酸菌を強化したヨーグルトを毎朝食べるなんて人も多いのではないかと思います。
乳酸菌は、確かに腸に良いのです。しかし、ヨーグルトはどうでしょう?

例えば、ブルガリアの人はヨーグルトを毎日食べていてとても健康だとします。
でも、ブルガリアの人が食べているヨーグルトと私たちが食べているヨーグルトは同じでしょうか?
「似て非なるもの」というのは、まさにこのことだと思います。
まず、牛の品種が違うと思います。
ヨーグルトを食べていて健康な人たちの食べているヨーグルトの牛の品種は私たちが食べているホルスタイン由来の牛乳でしょうか?
そして、牛乳は加熱殺菌されている牛乳を使っているのでしょうか?
加熱殺菌されているということは、本来牛乳のもつ酵素などはみんな死んでいるということです。

私は、ヨーグルトも牛のチーズも発芽玄米も食べません。
どれも体に悪いからです。
牛乳のたんぱく質には、カゼインA1とカゼインA2という2種類のカゼインがあり、カゼインA1は、体に炎症を起こします。
ホルスタイン由来のカゼインは体に炎症を起こすので、例え体に良い乳酸菌が入っていても、プラスマイナスゼロというか、どちらかというとマイナスです。
チーズも同じで、カルシウムをとるためにチーズを食べているなら全く見当違いです。
チーズを食べれば食べるほど、アンチニュートリエントのせいで、カルシウムの摂取が阻害されて、マイナスになります。
そして、玄米を食べると、レクチンの宝庫なので、癌になります。
いくら、GABAが入っていても、マイナスです。

このように、栄養がいくら豊富に含まれていても、体に良い成分が入っていても、体に炎症を起こす毒素が入っていたら、プラスマイナスゼロかそれ以下のマイナスです。

当院では、食べ物に含まれる毒素を極力避けるレクチンフリー食事療法を導入しています。
レクチンフリーはメスを使わない外科手術と同等のデトックス効果があります。
深刻な病気から痛みから逃れたい方、是非お試しください。
現在、当院独自のデトックスのための、心も体も癒されるイギリス式からだセラピーを無料体験して頂けます。
詳しくはホームページのお問い合わせメールにお問い合わせください。