046-207-8304

【営業時間】 月・水・木・金・土 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリー食事療法で、病気は治る

のどが痛い、のどのトラブルは毒素が原因

のどのトラブルを抱えている人は多いです。
風邪をひくと、のどの痛み、咳、のどの腫れ、痰、喉のトラブルが現れます。
その他にも、ポリープができたり、咽頭がんになったりと喉にトラブルが現れる場合がありますね。

風邪などのウィルスが入ると、喉で繁殖するのでのどの痛みや症状がでるといいますが、それだけでしょうか?
喉というのは、頚椎が走っていますが、のどの細い部分にたくさんの神経が集中して脳と胴体をつないでいます。
喉というのは、考えてみれば細い筒に、神経が通る重要な配管がたくさん詰まっている感じです。
ですから、ウィルスなどは外部から喉に侵入して炎症などを起こす場合があるかもしれませんが、逆にのどの神経から毒素がでて、喉に障害をきたすこともあるのです。

「私は、喉が弱くて、風邪をひくと咳がとてもひどいのです。」
という人は、のど自体がすでに、毒素で汚染されていて、さらにウィルスなどが入るとダブルパンチで、ひどいのどの状態になってしまうわけですね。
私も、以前はのどがとても弱く、咳がいったん出始めると止まらなくなってしまうので、(今じゃなくて良かったですね、このご時世で咳をしていたら、社会のつまはじきにされそうですからね(^^♪)のど飴を常時カバンに入れて持ち歩いていました。
現在は、だいたい風邪もひかないですが、もしウィルスが喉に侵入しても、元々のどに蓄積している毒素がないので、自己免疫でウィルスはすぐに退治されてしまうのでしょう、ウィルスが体内に入ったことに気がつかないことが多いです。

咽頭癌、のどのポリープ、咳の症状、喘息、のどのトラブルを抱えている人は、頚椎を通る神経にたくさん毒素が溜まっています。
そのままにしていたら、いずれそれが原因で重い病気にかかってしまうでしょう。
レクチン毒素というのは、基本神経毒なので、神経系統に溜まりやすいのです。

レクチンフリー食事療法はからだに入る毒素の流入を防ぎ、デトックスしてからだを浄化し病気を治していくセラピーです。
食事療法をしていない方でも、当院のデトックスのための「癒しのイギリス式からだセラピー」を無料ご提供中です。
脳とからだがリラックスする癒しのセラピーです。
肩こり、腰痛、痛みや凝り、病気の症状を緩和することもできます。
ご利用お待ちしております。
ホームページのお問い合わせよりお申し込みください。