046-207-8304

【営業時間】 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリーで病気は治る

がんや腫瘍のできる場所〈舌がん〉

腫瘍、がんのできる場所とは?
本人の知らないうちに、がんや腫瘍ができてしまっていたら、本当に悲劇です。
レクチンフリー食事療法を始めると、身体の色々なところから毒素が排出されますが、その場所というのが、所謂、がんや腫瘍のできやすい場所とすごく類似しているということなんです。つまり、がんや腫瘍のできるところにレクチンが溜まっているということですね。
レクチンというのは、ある種の植物が身を守るために蓄えている毒素なので、(例えば、ラベンダートリカブトで人殺せますね)人間の大事な臓器や器官を狙って溜まるんですね。私も食事療法を始めて色々な器官や臓器から毒出てきましたが、その一つが舌です。なんかそれまで違和感があってすっごく気持ち悪かったのですが、食事療法を始めてスッキリしました。
つまり、レクチンフリー食事療法をしなければ、舌がんになって死んでたかもってことですね。