046-207-8304

【営業時間】 月・水・木・金・土 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリー食事療法で、病気は治る

がんの原因は肉なのか?

ガンの原因は肉かというと、直接肉を食べてすぐにガンになることはありません。
しかし、できてしまったガン細胞を大きくするのは、肉や牛乳、乳製品です。

人間の細胞の周りには、N-アセチルノイラミン酸(シアル酸)というとても重要な役割を担っている物質があります。
しかし、多くの哺乳動物は、N-グリコルノイラミン酸という糖分子を持っており、人間とは違います。
人間の体内にはこの、N-グリコルノイラミン酸という物質は異物として認識されます。
そして、がん細胞や腫瘍は、この本来人間の体内に存在しない、N-グリコルノイラミン酸を使って、血管内皮細胞増殖因子というホルモンを生成し、自分のために血管を発達させます。
がん細胞や腫瘍には、人間がもっているはずのない、N-グリコルノイラミン酸が大量に存在するそうです。
つまり、がんや腫瘍を持つ患者は、N-グリコルノイラミン酸が入っている肉や牛乳、乳製品などは食べてはいけないのです。

がんを増大させるものは、肉類ですが、ガンの原因になるものはレクチンです。
レクチンは食べ物の中に含まれる毒素ですが、この毒素が長い年月をかけて蓄積するとガンになります。
体内にどんどん毒が少しづつ少しづつ蓄積されていくのです。
体は、この毒素を排除しようと一生懸命頑張っています。
しかし、毎日レクチン含有の食べ物を食べていたら、身体は処理しきれません。
そしてとうとう体がデトックスできる許容範囲を超え、毒素はがん細胞を形成します。

レクチンフリー食事療法によってガンが治るのは、ガンの原因となるレクチンを除去するためです。

がんになった場所に、違和感はありませんでしたか?
がんになった場所以外でも、ガンや腫瘍が出来やすい場所に現在違和感はありませんか?
特に違和感を感じやすい敏感な場所は、咽頭、舌などです。
そのほかにも、腸、膀胱、子宮、心臓、頭、胸などにもがんや腫瘍はできやすいですが、それらの場所に違和感や不調はありませんか?

ガンを発病していなくても、それらはがんの前兆です。
年月を経てさらに毒素が溜まれば発病します。
多くの人が、歳をとり、ガンや腫瘍で亡くなるのはこのためです。
年月による毒素蓄積の結果、発病するのです。

レクチン含有の食べ物は色々ありますが、特にレクチン含有量が多いのは植物の種子などです。
これから発芽するものには多くレクチンが含まれています。
植物は、子孫を残すために種を食べられたくないのです。
種の種類には毒を含んでいるものが多くあります。
種子以外にも、レクチンを含んだ飼料を与えられて育った家畜も植物からのレクチンが転移し、レクチンを多く含んだ食べ物になります。
これも大きな落とし穴です。

レクチンの摂取を制限すれば、ガンが縮小するのです。
レクチンフリー食事療法で、ガンが完治します。
進行してしまったガンでも、進行を止め、回復に向かわせることができます。
レクチンフリー食事療法で、投薬治療など行わなくても、癌が治るのです。

あたま&からだ治癒院 Jasmine は、レクチンフリー食事療法専門の治癒院です。
あなたのガンを治します。
当院のホームページ、ブログをご参考になさってください。