046-207-8304

【営業時間】 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリーで病気は治る

がんになっても死なない方法

若くしてがんになる方も増えているようです。
バレーボールの選手が、がんになって、脳に転移したという記事を見ました。
運動していても健康なわけではありません。
運動によって胴体部分に存在することができず行き場を失った癌の原因であるレクチン毒素が、運動などの影響を受けない脳に移動してがんを発症してしまうのです。
がん死亡者は、年間30万人です。
人生の最期、がんを患い死んでいく人がこれだけ多くいます。
がんにならないようにする方法はあるでしょうか?

がんにならない方法があります。
レクチンフリーライフです。
しかもレクチンフリーでがんが消滅していきます。

がんの原因ってなんでしょうか?
・・・がん細胞ができるから・・・

じゃ、何故がん細胞ができるのでしょうか?
それは、がんができるのに充分な毒素が身体に蓄積されるからです。

遅延型アレルギーという言葉をご存知でしょうか。
食べたときには全く何の反応も起こらないのですが、後になって、徐々に身体に悪影響を及ぼす物質があります。
この遅延型アレルギーの代表が、レクチンです。

レクチンは本当に恐ろしいです。
レクチンとは、植物などに含まれる神経毒なようなものですが、人間の体調を悪くさせる、死亡させるために、ありとあらゆる手法で体調を悪化させます。
それらの毒素は、食べ物の中には、微量しか入っていないので、食べたときには全く何の影響もないように感じます。
しかし、それらの毒素の毎食毎日の蓄積で、身体がボロボロになり、ガンや病気になるのです。
「ちりも積もれば山となる」ではなく、「レクチン積もれば癌で死ぬ。」です。

一般的な癌治療は、体に多大な副作用を及ぼすだけでなく、とても苦しいものです。
しかも、再発の恐怖はいつまでたってもぬぐう事はできません。
がんの原因はレクチン毒素なので、レクチンフリーライフを送ることが副作用も全くなく一番の癌の治療、克服につながります。