046-207-8304

【営業時間】 月・水・木・金・土 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリー食事療法で、病気は治る

食べ物がうつの始まり~脳の病気

頭がおかしい
頭が悪い
頭が痛い
頭が重い
頭が働かない

頭に関する不具合や調子の悪さ、更に、うつ、認知症、発達障害、不眠、脳腫瘍、脳血栓など脳の病気、疾患は多いですね。
ですが、誰も脳の病気や疾患が何故起こるのか説明してくれません。
原因が分かれば、解決策があるはずです。

昨日のブログで腰痛の原因について書きましたが、脳と腸はつながっているのです。
腸のすぐ後ろには仙骨があり、仙骨から背骨を神経が通っています。
腸の神経は仙骨から背骨を通り、脳内へとつながっています。
そういうわけで、腸が第二の脳と言われる所以です。

脳から腸へと命令が送られるのかというとそうではありません。
腸から脳に情報や命令を伝えているのです。
ですから、腸が悪ければ脳も悪くなるというわけです。

さて、なぜ腸が悪くなるのでしょう。
腸が悪くなる原因は食べ物です。
体内に悪いもの、毒素が入らないように腸は必死で防御壁を張っていますが、そんなことはおかまいなしに、のべつまくなし体に悪い毒物を普通の人は食べているので、腸に毒素が溜まり、その毒素が背骨を通り、脳に到達し脳疾患を引き起こします。
私の息子にはほとんどお弁当を持たせています。給食にもたくさん毒物が含まれているからです。
でも、みんなそのことに気づかず知らずに毒物をたくさん食べ、その結果脳疾患を引き起こしています。

レクチンに代表される毒素を摂取せず、さらに脳に溜まった毒素をデトックスすることにより、脳疾患は治ります。
本気で脳疾患を治したい方は当院にご相談ください。