046-207-8304

【営業時間】 月・水・木・金・土 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリー食事療法で、病気は治る

涙をながそう(2) レクチンフリー食事療法

前回は涙を流すことの大切さについて書きましたが、精神論を言っている訳ではなく、科学的にも泣くことによる効能は証明されているそうです。
例えば、幸せホルモンといわれている、セロトニンが出たり、ナチュラルキラー細胞が活性化したり、涙にはストレスに対抗するホルモンが含まれているそうです。だから、泣くことはとっても身体にいいんです。
大人になると、泣くことが恥ずかしくて中々泣くことができない人もいると思います。または、泣くことを忘れてしまった人なんかもいるかもしれません。
悲しみやストレスと向き合うのが怖いから、自分がストレスや悲しみと対峙できないから、心に奥底に畳み込み、二度と出てこないよう、厳重に鍵をかけている人もいるでしょう。二度と悲しい思いをしないように、自分の可能性を狭くして、より狭めて、自分自身を縛りながら生きている人もいるでしょう。
泣くことによって、悲しみや辛さを涙とともに外に出してしまえば、そんな辛い思いからは解放されるはずです。自分の人生の可能性をもっと広げて素敵な人生を送ることができるはずなんです。
~ただ泣けばいいだけなんです。~
だから、涙を流しましょう。私は、涙は人間に与えられた本当に素晴らしい機能だと思っています。ストレスや悲しみに対抗するため、涙という素敵な機能を人間に備えてくれたことに感謝せずにはいられません。
これは、人間がウィルスや毒素に対する身体の対応と似ています。
ウィルスや毒素が体内に入ると免疫細胞によって退治され、体外に排出されるはずなんです。
けれど、化学薬品を使って治したり、ウィルスや毒の量が多いと上手く身体の外に排出されずに身体の中に溜まります。それが肥満やむくみの原因です。肥満やむくみは、あなたの身体が一生懸命守ろうとして生まれた副産物です。
あなたの身体は一生懸命、あなたを守ろうと頑張っているのに、身体に悪い食べ物を食べ、毒を溜めこんでいるのはあなたです。知らなければ、仕方なかった・・・とも考えれますが、レクチンが身体に悪いと知った今、そんな身体に悪い食べ物を食べ続けますか?
毒素の流入を阻止し、身体から毒素を排出するのは、涙を流すよりずっと大変ではありますが、可能なんです。
だから、私があなたに寄り添って、健康な身体を目指します。病気はレクチンフリー食事療法で回復します。