046-207-8304

【営業時間】 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリーで病気は治る

今年こそ、ガンを完治!

ガンはレクチンフリー食事療法で治ります。

ガンには何故なるのでしょう?
何故ガン細胞ができるのでしょう?

そんな素朴な疑問に、きちんと答えてくれた人はいましたか?

ガンは、レクチン毒素の蓄積によって発症します。
ある日突然、がんになるのではなくて、毒素が少しづつ溜まり、溜まった毒素が、がん細胞となるのです。
毒素が溜まってがんになるのですから、毒素を溜まらないようにし、毒素を排出すれば、ガンになる前の状態に時間を戻すことができます。
ガンは治るのです。

人間の細胞の周りには、N-アセチルノイラミン酸(シアル酸)というとても重要な役割を担っている物質があります。
しかし、多くの哺乳動物は、N-グリコルノイラミン酸という糖分子を持っており、人間とは違います。
人間の体内にはこの、N-グリコルノイラミン酸という物質は異物として認識されます。
そして、がん細胞や腫瘍は、この本来人間の体内に存在しない、N-グリコルノイラミン酸を使って、血管内皮細胞増殖因子というホルモンを生成し、自分のために血管を発達させます。
がん細胞や腫瘍には、人間がもっているはずのない、N-グリコルノイラミン酸が大量に存在するそうです。
つまり、がんや腫瘍を持つ患者は、N-グリコルノイラミン酸が入っている肉や牛乳、乳製品などは食べてはいけないのです。

しかし、毒素となるのは、N-グルコルノイラミン酸だけではありません。
レクチンがガンの原因になるので、レクチンを含む食べ物を全て避けなければなりません。
レクチンが含まれるものの代表的なものは、小麦、穀物の外皮、種子などです。

がんの患者の方は、小麦は食べてはいけないと言われることが多いでしょう。
小麦を食べるなんて論外ですが、それ以外にも避けなければいけない食品や薬品があります。
がんの原因になる食品や薬品を体内にいれないようにすることがレクチンフリー食事療法です。
これらの毒素を身体の中に入れないようにするとどうなるか?

毒素が体内に入ってこないと身体が理解すると、毒素を排出しようとし始めます。
これは好転反応と呼ばれるでデトックスです。
好転反応は、いわば自己治癒力で毒素を取り除くという、自己外科手術を行っているときに現れます。
多少苦しい時もありますが、自分の身体が一生懸命毒を出そうと頑張っているからこそ現れる反応です。
私は、グルテン、カゼイン、レクチンフリー食事療法で、毒素を体内から排出し続けてきたので、好転反応がどんなものであるか、また好転反応が現れた時にどのような対処をしたらよいのか、知りつくています。
ありとあらゆる好転反応を経験しました。
ですから、自分が病気で苦しんでいない医者とは違い、患者さんの苦しさ大変さを身をもって理解できます。

レクチンフリー食事療法というのは、ガンの原因となる毒素を体内に入れないようにし、デトックスをしていく食事療法です。
食事療法ですので、不必要な薬やサプリメントを勧めることはありあせん。
ただ、患者の皆さんの食事を見直すだけなのです。

苦しく辛い闘病をするくらいなら、死の恐怖に怯えながら日々を過ごすくらいなら、レクチンフリー食事療法なんて、本当に簡単なことだと思います。
あたま&からだ治癒院 Jasmine は、レクチンフリー食事療法専門の治癒院です。
あなたを病気から、ガンから救います。
ガンを本当に克服したいと思っている方は、今年こそガンを完治させましょう!

来院の他、オンライン、電話相談も受け付けております。
お気軽にご相談ください。
病院に通いながらでも、食事療法を開始することができます。

ホームページをご参照ください。