046-207-8304

【営業時間】 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリーで病気は治る

貧血からの脱出

子供の頃の恐怖体験と言えば、体育館で朝礼をしている最中に人がバタバタと倒れてしまうという体験です。
貧血により倒れてしまう生徒が続出するという恐ろしい光景が、昭和70年代80年代の小学校にはありました。
今では、そんなことになれば大騒ぎになってしまうかもしれませんが、そんなバタバタ生徒が倒れてしまうという状況を日常茶飯事に繰り返していたというのは、かなり恐ろしいですね。

貧血の症状は、疲労感、めまい、動悸、頭痛、知覚障害、歩行障害、うつ、認知障害と様々な症状がありますが、これは典型的なレクチン毒素の影響によるものです。
昭和70年代80年代は、給食でパン牛乳が毎日出されていた時代なので、貧血の子どもが大量に存在していたのでしょう。

貧血だからといって、レバーを食べるとかほうれん草を食べるとか、鉄のサプリメントを飲むとかそんな努力をしていても、その時は一時的に緩和されるかもしれますが、全く解決策になっていません。
健康には気を付け、ヘルシーな体に良いと言われているものを食べているのに、一向に貧血が治らないという方もいると思います。
貧血の原因は、レクチン毒素をはじめとするアンチニュートリエントと呼ばれる物質です。
アンチニュートリエントというのは、鉄分をはじめ、様々なミネラルなどの栄養素が体に吸収されるのを阻害する物質です。
ご自分の爪を見てみてください。
爪がガサガサ、ぼこぼこ、筋が入っていたり、曲がっていたら、アンチニュートリエントの影響です。
栄養が吸収されず、栄養分がからだの末端まで届かないので、爪にまで栄養が届いていない証拠です。

貧血、悪性貧血、倦怠感、めまい、頭痛、歩行障害、認知障害、うつは、アンチニュートリエントを含まない食事療法によって完治します。
アンチニュートリエントを含まない食事療法を当院では、導入しています。
貧血や、疲労感、倦怠感で、辛い方は当院のレクチンフリーで治ります。
本気で貧血や不健康から脱出したい方は、レクチンフリーをお試しください。

劇的に病気が治癒する「レクチンフリー食事療法」と、体内からレクチン毒素を排出するための「レクチンフリーからだセラピー」の専門院「あたま&からだ治癒院 Jasmine」