046-207-8304

【営業時間】 月・水・木・金・土 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリー食事療法で、病気は治る

膀胱トラブル改善

歳をとるとトイレが近くなる。
尿意が頻繁に来る。
でも、トイレにいって、おしっこをしようと思っても、そんなに溜まっているわけではなくてちょっとしか出ない・・・

よく過活動膀胱とか言われますが、
対処法として、量がでないのなら、我慢をしましょう!と言われますが、尿意があるのに我慢するって、そんなの辛すぎですよね!
人間の体というのは、ちゃんと理由があってそうなっているので、あなたの体の方が医者よりも賢いので、そんな意見に耳を貸す必要もないと思います。

私も若い頃、所謂、過活動膀胱でした。
トイレに1時間おきに行きたくなって(1時間持たない時も)でも、トイレに行ってもちょっとしかでないのです。
尿が出ないので、身体がすっごくむくんでパンパンでした。

こういう症状は、身体に毒素がいっぱい溜まっていて、毒素を排出しようと膀胱に集まってきた毒(タンパク質の塊)を一生懸命排出しようと頑張っている場合です。
でも、あまりにも毒素の量が多すぎて、尿管に毒(たんぱく質の塊)が詰まってしまっています。
なんとか毒を出そうとして頑張る→尿意が来る→でも、尿管に詰まってしまって排出できない→だけど頑張って出そうとする→でも、やっぱり毒の量が多すぎるのと膀胱や尿管に詰まってしまっていて排出できない・・・・この悪循環の繰り返しです。
ヘドロをかきだそうとするんだけど、あまりにも量が多すぎて、余計細い配管に詰まった!そんな感じです。

足のマッサージや、膀胱のマッサージ、漢方薬などで多少改善するとは思いますが、溜まった毒素を無くさない限りは症状は悪化の一途をたどります。

私のことで恐縮ですが、レクチンフリーライフをしていると、10代の時のように、尿がたくさん排出されます。
トイレに行くと本当に気持ちいいです。
「頻尿でトイレ行きたくなるから、外出が心配!」なんてこともありません。
尿漏れも全然なくなります。

体から余分な毒素や水分がきちんと排出されるので、私はめっちゃナイスボディーになりました(^^♪

尿や膀胱のトラブルはレクチンフリー食事療法で完治します。
本気で病気を治したい方は当院にご相談ください。