046-207-8304

【営業時間】 月・水・木・金・土 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリー食事療法で、病気は治る

脳のデトックスー脳疾患その7-

脳疾患ブログ7日目です。
昨日まではうつ病について具体的に書いてきましたが、今日は脳疾患全般の治癒、脳のデトックスについてです。

うつ病、パニック、中毒、かんしゃくなどの精神障害、自律神経失調症、自閉症、広汎性発達障害、認知症、脳血栓、脳腫瘍などの脳障害は全て、障害や病気は違いますが、脳に毒素が溜まっていることによって起こります。

脳に毒が溜まっているとは、中々信じたいことですが、本当です。

思春期にニキビがいっぱいできますよね。
ニキビやおできができるということは、体の中から毒素を排出しようと身体が頑張っている証拠です。
若いので、体にエネルギーが溢れていますがから、自然にデトックスする力が備わっているわけです。
脳はとても大切な器官なので、若い時にデトックス作用が働くのです。
ですから、ニキビができたら、喜んでください。
脳に悪影響を与える毒素が排出されている証拠です。
ニキビができたら、化膿しないように、石鹸などでよく洗って清潔にするだけで十分です。
薬を飲んで、毒素を出すのを止めたりしてはいけません。

これは、おできやものもらいなども同じです。
自然に身体がデトックスをしているので、薬で毒を排出することを止めてはいけません。
化膿しないように清潔に保ち、じっと毒素が排出されるのを待ちましょう。

もし、思春期にニキビが全然できなかったら、生まれた時からレクチンフリーを実践して、身体に毒素が溜まっていないか、毒素を排出する力がないほど弱くて、体力が備わっていない虚弱体質かどちらかです。
ものもらいやおできができたら、まだ体にデトックスする力が残っていると思ってください。

歳をとると、デトックスする力がなくなってくるので、毒素が身体に入っても排出されず、毒は溜まりっぱなしです。
毒素が溜まり続けるとどうなるか?
毒素が脳に蓄積されると、脳疾患になります。
子どもの頃は、頭痛も不眠症も、脳疾患や精神疾患もなかったのに、歳をとって発病するのは、毒素が蓄積した結果です。

脳に溜まる主な毒素はレクチン毒素です。
レクチン毒素は食べ物や、薬品から入るので、誰の脳にも溜まっています。
脳疾患を患っていない人でも、例えば不眠症とか、寝つきが悪い、頭痛がある、視力が悪いなども、このレクチン毒素が関わっています。
どこに、どのように毒素の影響がでるかによって疾患が変わってきます。

あなたの脳から毒素を排出してみたいと思いませんか?
毒素を排出して、スッキリ明晰、軽くてよく働く頭、スマートな脳になってみたいと思いませんか?
脳疾患、精神疾患、発達障害、頭痛、不眠症から解放されたいと思いませんか?
発達障害については特殊なので、また別の日にブログに書きますね。

脳からのデトックスを行わなければ、毒素は溜まり続け、症状はどんどん悪化していきます。
自分の脳から毒素が排出されるまでは、脳に毒が溜まっているとは本当に信じがたいですが、脳から毒がでてくると本当に驚きます。
私自身、自律神経失調症、夜よく眠れないなど、多少症状はありましたが、そこまで深刻で明らかな脳疾患はなかったので、頭蓋骨から毒素が出てくるなんて、初めは想像していませんでしたが、実際にどんどん排出されるので、本当に驚愕しました。
脳から毒素が排出されると、頭はスッキリし、軽くなり、夜はぐっすり眠れるようになり、物忘れもなくなりました。
脳に溜まった毒素のせいで、脳障害が出ていたのだとその時気付きました。

脳のデトックスは、レクチンフリー食事療法と、クラニオセイクラルセラピーの組み合わせによって可能です。
「あたま&からだ治癒院 Jasmine」は、レクチンフリー食事療法専門の治癒院です。
クラニオセイクラルセラピー、アレキサンダーテクニックも行っております。
脳障害、脳疾患を治癒したい方は、初回無料相談にてご対応いたします。
脳疾患は死に至る病です。

早く治したいですね。

明日は、脳のデトックスについてもう少し具体的にお話したいと思います。