046-207-8304

【営業時間】 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリーで病気は治る

痩せてても太ってても不健康

太ってる人の方が健康でしょうか?
痩せている人の方が健康でしょうか?

健康診断にいくと、太ってるのはダメだ!痩せろ!と言われますが、肥満が不健康なのでしょうか?
癌患者はガリガリに痩せていますがどうでしょう?

痩せていると、いいわねーとみんなに羨ましがられますが、痩せている人は、悩みを抱えています。
食べても太れないということです。
痩せている人の健康状態を見させていただきますと、大抵必要なミネラルやビタミンが体に吸収されていない状態にあります。
いくら食べても太れない、栄養が体内に取り込まれていないのです。
そして、様々な内臓疾患を抱えています。
必要な養分はとりこめていませんし、毒素が体内に入ると内臓を直接攻撃してしまうので、体調が悪いのです。

逆に太っている人はどうでしょう。
太っている人は、栄養はとりこめていますが、取り込んだ栄養がきちんと処理されず、脂肪にどんどん変換されている状態にあります。
毒素は直接内臓には影響を与えず、一旦、脂肪と一緒に貯蔵されるのです。
病気になると痩せている人より太っている人の方が長生きできる理由はそこにあります。
しかし、毒素は排出されず脂肪と一緒に溜まっていく一方なので、許容範囲を超えれば病気を発病します。

結局、痩せていても太っていても、体調が悪いのです。

健康な人というのは、毒素が体に溜まっていない状態で、かつ、栄養がきちんと体に吸収されている人です。
健康な人は適正体重を保つことができます。
運動をすると痩せるのではなく、適正体重を保つのに役立ちます。

しかし、結局のところレクチン毒素をはじめとするからだに炎症を起こす食べ物を食べないことが大切です。
毒素を体の中にいれない、それが健康でいるためには一番大切なことですね。

当院は、病気の治癒するレクチンフリー食事療法とデトックスのための癒しのイギリス式からだセラピーの専門院です。
2021年12月まで限定で無料で、初回相談と病気の症状を緩和する癒しのイギリス式からだセラピー無料実施中です。
この機会をご利用ください。