046-207-8304

【営業時間】 月・水・木・金・土 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリー食事療法で、病気は治る

朝食は体に悪い

世の中の常識と言われるものの中には、間違っているものが多いです。
昔からの知恵と言われるものは間違っているものは少ないですが、最近の研究やデータで「これがよい」とされているものでは、本当にデタラメが多くて、私は、若い頃は、「そうなのかな~?」と思って信じていたことが多かったのですが、レクチンフリー食事療法とデトックスを始め、体からどんどん毒素を排出して健康な体になってからというもの、いかに健康に関する嘘がまかり通り、人々を病気にしているかについてはっきりと認識するに至りました。
そこで、そんな嘘から解放されて、本当に健康な身体になるために、病気を治すために、病気の治るレクチンフリー食事療法とレクチン毒素デトックスのためのセラピー専門の治癒院を始めたのですが、体内からレクチンをなくすことですっきり病気をなくし、健康な身体で生きていくことができることができるようになります。
もし、あなたが不健康と感じているなら、様々な嘘に惑わされているからですよ。

さて、朝食についても、常識と言われる間違いの一つです。
朝食は毎日欠かさず食べましょう!と子供時代からずっと言われ続けてきて、信じている人はたくさんいると思います。
ですが、栄養の仕分けする体内のミトコンドリアを休息させ、正しく働かせるためには、ミトコンドリアを休息させる時間が必要なのです。
ミトコンドリアを休息させるのに必要な時間は、16時間前後になります。
そのくらいはミトコンドリアを休ませないと、正しく働かなくなってしまい、からだの様々な器官が働くための栄養が届かなくなってしまいます。
つまり、夜ご飯を19時に食べたら、次の食事は翌朝11時以降ということです。
朝ごはんは食べてはいけません。
もし、朝ごはんをどうしても食べたかったから、前日の午後3時頃までには、食事を終了させるということです。
ミトコンドリアを休息させることによりミトコンドリアが元気になって、栄養が体の隅々まで行き渡り、体の様々な機能が適切に働くようになります。
免疫細胞にも、栄養がいきわたるので、免疫力や自然治癒力が増し、どんな病気にもなりにくくなるし、コロナなどの感染症にかかっても、無症状または、すぐ治る健康な体になります。
ミトコンドリアだって休暇がないと疲れてしまうのです。

私は、週に1~2日は、1食しか食べない日を作っています。
ミトコンドリアをしっかり休ませ、免疫力を高めるためです。
私は365日レクチンフリーの食事をしていますが、レクチンフリーを始めると、1日1食でも全然辛くはないし、食事がとても美味しく感じるので、食べる事や食事の支度がとても楽しくなります。

さて、「なぜ私はこんなに不健康で病気なんだろう?」と自問自答している方は、レクチンフリーを始めてみてください。
専門の当院が病気の治癒とレクチンフリーをお手伝いいたします。

当院は、劇的に病気が治癒する「レクチンフリー食事療法」と、体内からレクチン毒素を排出するための「レクチンフリーからだセラピー」の専門院です。
皆様にレクチンフリー食事療法の効果を知っていただきたく、初回相談無料実施中です。
この機会をご利用ください。