046-207-8304

【営業時間】 月・水・木・金・土 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリーで病気は治る

朝食にシリアル・パンはダメ

朝食にシリアルやパンを食べている方もいるかと思いますが、シリアル・パンは食べてはダメです。
朝食でなくても、シリアル・パンは食べてはダメなものですが、朝食に毎朝決まったシリアルとパンというのは、ほぼ自殺行為です。
シリアルは、全粒穀物又はトウモロコシでできていることが多いし、パンは小麦です。
レクチンフリー食事療法では、食べてはいけない食品群です。
しかも、朝食はミトコンドリアを休ませる上で食べない方がよいのです。

もし、朝食にシリアルやパンを食べていて、それでいて、何らかの体調不良を抱えているのなら今すぐ、食べるのを止めた方がいいです。
全粒穀物やトウモロコシで作ったシリアルやコーンフレークに牛乳やヨーグルトをかけて食べていたら、それがあなたの体調不良の原因ですと言っても過言ではありません。
「いつものパンがあなたを殺す」という有名な本がありますが、アメリカの品種改良の小麦を使ったパンを食べることは、病気の原因を少しずつ蓄積していることに他なりません。
何で、グルテンフリーが欧米で流行っているかと言ったら、小麦を食べないことで、肥満が解消し、体調が良くなるからです。
しかし、体調不良を引き起こしているものはグルテンだけではありません。

シリアル・パンなどを健康的な朝食だと思い込んで食べていたら、それは勘違いです。
食べるのをしばらくやめてみてください。
体調が良くなっているのが分かると思います。

健康的と言われている食べ物の中には、実はからだにとって害のある食べ物はたくさんあります。
今はレクチンフリーがあるので、何を食べてよいのか食べていけないのか分かるようになったので、以前と比べたら、健康を手に入れるのは容易になりました。
さらに、レクチン毒素を体内から排出することで、体調不良や病気は治ります。

当院は、劇的に病気が治癒する「レクチンフリー食事療法」と、体内からレクチン毒素を排出するための「レクチンフリーからだセラピー」の専門院です。
皆様にレクチンフリー食事療法の効果を知っていただきたく、初回相談無料実施中です。