046-207-8304

【営業時間】 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリーで病気は治る

心と体を美しく浄化するという事

おとぎ話では、欲にまみれた人、虚栄心の強い人、嘘つきな人、強欲な人というのは、だいたい最後には痛い目にあったり、死んでしまったり、救いがある場合には、改心したりしますよね。
正直者で、謙虚で、自分に誇りをもって力強く、堂々と生きている人が正義とされます。

しかし、それはおとぎ話の世界です。現実の世界では違いますよね。
強欲でお金持ち、相手を突き飛ばしても自分が権力を持ちたい、嘘をついても自分が得をしたい、そう言った人が所謂、勝者と言われ、我が物顔で、自分のしたい放題で、皆にもてはやされ、生きているのが現実世界ということではないでしょうか。

でも、本当の幸せとはどこにあるのでしょう。
お金持ちで自分のしたいことをやりたい放題、美味しいもの食べたい放題、買いたいもの買いたい放題だとしたら、それはそれとして魅力のある人生かもしれません。
貧乏で苦労しているよりは、ずっといいような気がします。
でも、お金持ちでやりたい放題の人は、幸せを感じているのでしょうか。

幸せという観念は、どこから来るのでしょう。
本当に心も体も健康で、健やかで、浄化されたきれいな状態でないと実現できないものではないかと思います。
心が美しくても、不健康だと幸せ感を感じられないだろうし、健康だと思っていても邪悪な心がとぐろを巻いていたら、幸せな感覚は生まれて来ないはずです。

私が最近気が付いたことは、幸せを感じるという事は、古代の人々が、降り注ぐ太陽の元、新鮮な空気を胸いっぱいに吸って、家族に恵まれて、自然の美味しいものを食べ、自分が自然や大地と一体化したような、心も体も浄化されたきれいな状態で感じるものではないかと思います。

もちろん今では、古代人が住んでいた環境のような場所はないかもしれません。
でも、現代の生活の恩恵を受けていても、古代人の人々が感じたような幸福感を持つことはできるのです。
その方法は、できるだけ、心も体もきれいにすることです。
現代人は、自分が意図していなくても、心も体も汚れよどんでいるのです。
何故心も体も汚れよどんでしまったのでしょう。

現代の悲劇というのは、食生活に始まっていると思います。
昔の人が食べなかったようなものを私たちは食べ、昔の人の知恵で注意して食べるのを避けてきた食材を私たちは気にせずたくさん食べているのです。
そして、病気になり、これまたいかがわしい薬をたくさん飲んで、更に不健康になって、どんどん不幸になっているのです。
そして最後には、おとぎ話のように、嘘つきで、強欲な者は、苦しみ死んでいくか、痛い目にあわされているのです。
つまり、現代のほとんどの人は、病気になって苦しみ死ぬという事です。
健康でピンピンしたまま老衰で亡くなる方がいかに少ないことでしょう。

あなたは、現代の生活のせいで、おとぎ話の悪役を演じているのですよ。
自分が知らない間に悪役になっていたことに気付いた人だけが、おとぎ話の主人公のように、本当の自分の人生を幸せを感じながら生きることができるのです。
スーパーフードなんか、栄養価の高いと言われるシリアルなんか食べる必要はないんです。
昔の人の知恵で選んだ食材を見直し、食生活を見直しましょう。
それが、心も体も美しく浄化し、心からの幸せを感じられる近道です。