046-207-8304

【営業時間】 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリーで病気は治る

好転反応とは?

好転反応とはいかに?

好転反応という言葉自体を知らない人もいると思います。
好転反応とは、体から毒素が排出される時に、身体に負担がかかり、症状が悪くなったように感じることを言います。

副作用とは全く違います。
副作用は薬をのんで、その薬による様々な症状がでることです。
コロナワクチンで副反応のことが話題になっていますが、副反応も副作用も同じです。
薬剤による、悪影響が現れる場合が、副作用とか副反応とか言われます。

好転反応が起こる時は、体がデトックス作業をしているときです。
デトックスしている時というのは、体の中に溜まっていた毒素が、血管やリンパなどを通って体の外に押し出そうとされるので、毒素が表面上にでてきて、その毒素の悪影響などが現れる場合と、
毒素を排出するために膀胱や心臓などの臓器に負担がかかる場合です。
例えれば、
①貯蔵庫にしまわれていた毒を外に出したら、周りの環境が汚染された。
②毒素運搬をするために労力と負担がかかり、運搬人が疲弊したり、他の物品の運搬に支障が生じる。
そんな感じでしょうか。

レクチンフリー食事療法をしていると、デトックス効果がとても強いので、好転反応が現れる場合がよくあります。
リフレクソロジーやクラニオセイクラルセラピーなども、デトックス効果が強いので好転反応が起こってくる場合があります。
マッサージだと、もみ返しなどとも呼ばれています。
毒素の詰まって固くなった綿を揉みほぐしたら、綿がほどけて毒素も一緒に出てきた、みたいな感じです。

好転反応については、単純思考で「身体が前より悪くなった」と感じてしまう人が多いので、あまり語られることがないようです。知らない人が多いです。
しかし、好転反応と向き合わなければ、病気の完治はあり得ません。

続きはまた次回に書きますね(^^♪