046-207-8304

【営業時間】 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリーで病気は治る

乳がんを克服

乳がんにかかってしまう確率、22人に1人は乳がんにかかってしまうそうです。
ものすごい数ですね。
それだけに、乳がんは怖い病気とも言えます。
乳がんが発覚したとしても、抗ガン治療や手術をせずに治す方法があります。

最近は、乳がん治療も多少良心的にはなってきていて、例えば、小麦粉を食べてはいけないとアドバイスを受けることもあるようです。
薬や手術をガンガン勧めて、患者さんに身体的な負担を強いる医者に比べれば、小麦を食べないようにアドバイスしてくれる医者は多少なりとも良心が残っている人でしょう。
医者は、学校で習ったこと以外、現代医学の知識以外のことはできないので、乳がんになったら、型通りの製薬会社や病院が儲かる手術や投薬を勧めてきます。
儲からない治療は、例えその治療が有効であったとしても病院では勧められません。
しかし、投薬や手術をしなくても乳がんは治るのです。

そもそも何故癌ができるのかということですが、悪性新生物の発生により、癌になるわけですよね。
この悪性新生物という恐ろしい名前の正体はなんでしょうか。
悪性新生物の原因となるレクチン毒素というのは、本当に恐ろしいと感じることがあります。
インフルエンザウィルスやコロナウィルスのように、人間を死に至らしめることができるウィルスというのは、あたかも意志をもった殺人鬼のように人に襲い掛かってきます。
レクチン毒素も同じように、人を殺すための殺人鬼、暗殺者として、人間に襲い掛かってくるように感じます。
そんな殺人鬼、暗殺者、シリアルキラーから逃れるためには、自分の体内に危険な存在を入れないようにすることです。
ウィルスは空気感染や飛沫感染などで、知らず知らずの間にかかってしまう危険性もありますが、癌の原因であるレクチン毒素は、人間の意志で体内に入れないようにすることができるのです。
ですから、癌から逃れる方法は簡単なのです。

癌の原因であるレクチン毒素を体内入れない、そしてレクチン毒素を体内から排出することです。
遺伝などで癌になりやすい体質であっても、レクチンフリーで癌にかからず、癌知らず、癌に恐れることなく生きていくことができます。
信じられないかもしれませんが、癌になったのは、あなたの食べた食物のせいで、あなたの食べた食べ物が形を変えて悪性新生物になったのです。

乳がんは薬や手術なしで治ります。
癌になる前に、パンをたくさん食べていませんでしたか?
食べたパンが癌の一因になっているのですよ。

当院は、劇的に病気が治癒する「レクチンフリー食事療法」とレクチン毒素を排出するための「レクチンフリーからだセラピー」の専門院です。