046-207-8304

【営業時間】 月・水・木・金・土 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリー食事療法で、病気は治る

レクチンフリー食事療法とは?

小麦私はレクチンフリーの専門家なので、レクチンフリーに慣れすぎていて、そのことを知らない方々にお伝えしようという考えが失念していました。ですが、そもそもレクチンフリーって何?っていうことをご説明しようと思います。
レクチンという聞きなれない言葉ですが、グルテンフリーという言葉なら皆さんご存知かもしれません。スーパーなどにいくと、米粉のヌードルやせんべいなどに、グルテンフリーという言葉をたまに見かけます。なんか身体に良いのかな?くらいは思うかもしれませんが、そもそもグルテンって?と素朴な疑問をもつかもしれません。
グルテンフリーとは、欧米でスーパーポピュラーな食事療法です。アメリカやカナダなどでは、スーパーマーケットに行くとグルテンフリーコーナーがあるほど人気です。
グルテンとは小麦や麦類に含まれるたんぱく質で、グルテンを除去するとダイエットによいなどという理由から流行しています。そもそも、このグルテンフリーは「小麦は食べるな!」「いつものパンがあなたを殺す」など、小麦が害悪であると主張する本がアメリカで出版されたことにより広まりました。
私はこの主張は正しいと思います。特に品種改良されアメリカで生み出された小麦は、とても身体に悪く、戦後学校給食に大量に導入され、成長期に大量に品質の悪い小麦を食べたことが、私の身体がボロボロになった一因と考えるに至りました。
しかし、レクチンフリーというのはグルテンフリーだけにとどまらず、みんながグルテンフリーだからといって喜んで食べている食品の中にもレクチンと呼ばれる、神経毒のようなたんぱく質がたくさん含まれていて、グルテンと同じ又はそれよりもさらに悪い影響を与えているという説です。
私は、レクチンフリーを自分の身体で人体実験のように実践してみて、全くこの主張は正しいと確信しました。レクチンフリーを始めてからみるみる体調がよくなり、、驚くほどの見違えるような健康な身体になったからです。
ですから、レクチンフリーはグルテンフリーをさらに進化させた形とうことでしょうか。
レクチンフリーを成功させて、病気を治癒するには、気を付けなければいけないポイントや、デトックスの際起こってくる好転反応の対応などがあり、一人で孤独にマラソンのようにずっと走り続けていくには困難なことが多々あります。
私が伴走いたしますので、レクチンフリーで病気を克服しようと決意された方、安心してご相談ください。
私が全力で、あなたに寄り添います。