046-207-8304

【営業時間】 9:00~20:00

お問い合わせ

レクチンフリーで病気は治る

発達障害の治療

発達障害は原因も分からないし、治療法もない、と思っていませんか?
そんなことはありません。物事や現象には必ず原因はあるし、その原因を突き止めれば対処法があるし、発達障害も治るのです。

発達障害の原因は、脳に蓄積された毒素です。
この毒素が、脳細胞に取りついて、細胞間の連絡を阻害することによって脳の機能が低下し、発達障害が起こります。

脳細胞一つ一つの周りには、糖鎖栄養という物質がついて、細胞を覆っています。
この糖鎖栄養は、とても重要な働きをしていて細胞間の連絡を取り合って、必要な情報を交換しています。
この糖鎖栄養がなければ、細胞間の交流が全く行われなくなり、脳細胞は働かなくなってしまいます。

レクチン毒素は、この糖鎖栄養の一番先端についているシアル酸という物質に取りつき、細胞間の連絡を阻害します。
レクチン毒素が糖鎖にくっついている限り、脳細胞間の連絡は行われなくなり、障害を起こし、機能が大幅に低下してしまいます。
こうして発達障害が発生します。

しかし、毒素って何だろう?と思うかもしれません。
なぜ、発達障害の人だけに毒素が溜まっているのだろう?と思うかもしれません。
そうではないのです。
私たちはほとんどの人が毒素を脳の中に抱えて生きていますが、たいていの人は影響をそれほど受けずに生きていくことができます。
アレルギーと同じなんです。
発達障害の人は、レクチン毒素に敏感で、影響を受けやすい体質だということなのです。

さらに悪いことに、レクチン毒素は、親から子供にも受け継がれ、生まれつき障害を持った子供が生まれます。
子供の頃は障害がそれほどひどくなかったのに、どんどん発達障害、症状が悪化していくのは、食べ物から毒素が供給されているからです。

レクチンフリー食事療法は、発達障害を根本的に治療する食事療法です。
もし、自分の子どもやご本人が発達障害を患い、改善の糸口をお探しなら、レクチンフリー食事療法をお試しください。

当院は、レクチンフリー食事療法とレクチン毒素を体から排出するためのセラピーを実施する専門治癒院です。
初回相談無料です。お気軽にご相談ください。